MENU
HaRuNiのLINE公式アカウント
友だち追加
生徒の約8割が藤中&南中という塾が梅坪にできたの知ってました?

【大手塾から転塾】HaRuNiに転塾した結果は?【爆増】

目次

S予備校から転塾

中2のA君は、S予備校(大手塾)をやめて、HaRuNiにやってきた

他の塾から転塾してくれるってのは、ぶっちゃけて言うと、とてもうれしい
なんだか他の塾に勝った気分になるから(笑)
…でも、同様にプレッシャーもかかる

だって転塾してきたってことは、その塾と直接比較されるということ
「な~んだ、前の塾の方が良かったじゃん」って思われたら負け

そうです、転塾だけで大手塾に勝った気分になっている場合じゃない!
本当の勝負は入塾してから!

スピード不足で問題が解けない

よし、成績を上げてやるぞ~!
…と思いながらA君に勉強を教えてみると
彼の様々な課題が見えてきた

特に大きな課題は「スピードの遅さ」
スピードが遅いと1日で解きたい量のを進めることができない
かと言って焦って急げばよいというわけでもない
急いだ分、ミスが増えてしまっては本末転倒だから

こいつは正直困ったなぁ
体験授業時からミーティングでは
A君の話題が多かった

主な内容は
「どうしたもんかな?」ってやつ
新しい生徒が入ってくるたびに、僕たちはこうやって迷うことになる

大人の都合で結果を求めるのはやめた

HaRuNi開校直後で
特に結果を出したいという気持ちが僕の中にある中、正直焦った
…でもすぐに焦るのはやめた(笑)
だって勉強するのは僕じゃないから
僕が考えるべきなのはA君をどうやって伸ばすかってことだけ
ペースが遅いなら、ペースが遅いなりに勉強に向かってもらうしかない

20年以上も塾をやっていると、生徒から学んだことがいっぱいある
その中の一つに「講師が焦っても生徒の成績が1ミリも上がらない」ってのがある
僕の焦る気持ちが表に出ないよう、ゆっくりと声掛けをしつつ
彼の話に耳を傾け
彼のペースを尊重しつつ
タイマーで時間を測ったり
測らなかったりしながら
少しずつスピードが上がるように意識はしつつ
でも上がらないスピードは気にしないようにしつつ
声掛けをつづけた

これで結果が出る保証はありません
でも、生徒を焦らせるのではなく
本人の考え方やペースを尊重しつつ
より良くなるように提案し
変えられるところから行動してもらう
こうやってこれまで成績を上げてきました
HaRuNiでもこの考え方を変えるつもりはありません

入塾後初めてのテスト結果は?

開校から2か月、9月中旬に行われた前期期末テスト
A君の結果は39位上昇!
堂々の塾内トップの上昇率でした!

みんながみんなA君のようにうまくいくわけではありません
ただ、転塾がきっかけで成績が上がる生徒というのはやっぱり多いです

こういう生徒にたくさん会えることを楽しみにしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる