MENU
HaRuNiのLINE公式アカウント
友だち追加
生徒の約8割が藤中&南中という塾が梅坪にできたの知ってました?

HaRuNiの冬期講習は「楽」じゃない!?

目次

本日より冬期講習の案内を配布します

本日の授業時から、中学生に冬期講習の案内を配布します
緑色の紙でのご案内になりますので
保護者の皆様もぜひご確認ください

毎年のことですが
中3の冬期講習は日程が少ない分、塾にいる時間はとても長くなります
朝から晩まで12時間の滞在をする生徒も出てくるでしょう
(さすがに中1・2はそんなに長時間ではありません)

ここだけ聞くと大変に感じるかもしれませんが
終わってしまえば本当にあっという間に終わってしまう
これが毎年感じる中3の冬期講習の感想です

最近机を増やしたのですが
元々あった机に
後から発注した机が合わさり
統一感のない教室になっています(笑)

「楽しい」と「楽」は違う

ここで僕の好きな言葉を紹介します

いろいろなところで人に聞かれるんだよ。「楽しきゃいいのか?」って。

いいんだよ、そのかわり、それは(らく)じゃないんだよって。

「楽しい」と「楽」は違うよ。「楽しい」と「楽」は対極だよ。

楽しいことがしたいんだったら、楽はしちゃダメだと思うよ。

楽しいことがやりたいと思った時点で、楽な道からそれるんだよ。

甲本ヒロト/THE BLUE HEARTS

たいてい冬期講習の案内にはこの文章を載せます
今年も載せました
THE BLUE HEARTS(現クロマニヨンズ)のボーカルだった甲本ヒロトの言葉(らしい)です
真偽は確かめてないので不明です

さすがヒロト
いいことを言います

生徒たちには楽しい人生を送ってほしいです
そのために「楽」=「楽しい」では無いということに早く気づいてほしいのです

一生懸命頑張るからこそ
楽しい!と心から思える瞬間がやってくるってことは
様々な漫画・ドラマ・映画でも語られています
つまり、これは間違いのない真実なんです


生徒たちにもぜひ同様の経験を積んでほしいと思います
できたらこの塾で、勉強でそれを学んでほしいですが
違う場所で、違う何かでも良いです

楽じゃない、大変
でも楽しい
そんな何かを見つけられたら
最高に幸せだと思います

スラムダンクでも
花道の2万本シュート特訓の描写があってこそ
その後に最高の展開が待っているわけです


楽しい人生をおくれ!

大人になるということは
自分の人生を自分で動かしていくということだと思います
例えるなら自分の人生という船の舵(かじ)を
自分で握っている状態だと言えるでしょう

人生の舵を握るために必要なものは2つ

それは収入(お金)と覚悟です

収入は難しいかもしれませんが
覚悟だけなら何歳でも持てます
もちろん子どもでも持てます

気づいた時からで良いので
自分の人生をより楽しいものにするという覚悟を持ちましょう
その瞬間から大変なことも増えますが
楽しいことも増えていきます
それが続けば続くほど
苦しいことも増えるでしょうし
それを超える喜びも増えるでしょう
僕はそう考えています

自分の人生を楽しくする
そのためにがんばる覚悟を持つ
冬期講習がその一助になることを期待します

今年のウォーキングも盛り上がりました!
イベントを行うと自塾の生徒たちのことが好きになりますね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる