MENU
HaRuNiのLINE公式アカウント
友だち追加
生徒の約8割が藤中&南中という塾が梅坪にできたの知ってました?

オンライン対応可能!どこまでオンラインでやるの?~HaRuNi6つの特徴(2)

目次

新校舎から初めての更新

今日は早起きして新教室にやってきています。
この後、NTTの工事が入りネットや電話が開通
その後コピー機が搬入される予定です

今は待ちの時間なのですが
こういう時に自分の生活がネットにどっぷり浸かっているのを感じます

音楽をSpotifyで聴こうとして
…あ、ネットつながってないじゃん

YouTubeを見ようとして
…あ、ネットつながってないじゃん

こんなことを繰り返しています
早くネットよつながれ~

徐々に準備が進んでいます

HaRuNiの特徴その2
オンライン対応可能!

さて、前回のブログに続いてHaRuNiの特徴を紹介しましょう

HaRuNiの特徴その2
授業はオンライン対応可能!
これについて説明をしていきます

昨今のコロナ問題に対応するため
4月からずっとオンライン授業の準備をしてきました

試行錯誤を繰り返す中で気づいたこととしては
授業の効率面ではオンライン対応はとても良いということです

今までは板書しながら授業をしていたのですが

1:板書にかかる時間

2:欠席者への対応

おもにこの2点でオンライン授業は効率がよく感じました
体感では20分かかっていた説明が12分くらいになる感じです

その分たくさん問題を解けることを考えると
生徒たちにも大きなメリットがあると言えますね!

欠席者への対応でも
今後は同じ授業を動画で見てもらえますからね
先週出てないから何もわからん~ってなるのを防げます

オンライン対応の難しいところ

オンライン授業ができるからと言って
それが万能であるとは言えません

僕の感じたオンライン対応での難しいところは2つ

1:コミュニケーションがすでにとれている生徒じゃないと対応しにくい

2:生徒ができているかどうかの確認がしづらい

今回のコロナによるオンライン対応は
うちの塾としてはスムーズに対応できた方だと思います

この理由ははっきりしていて
生徒や保護者の皆さんが積極的に協力してくれたからです

これまで何年も見てきた生徒たちだから
ネット越しの反応でも

わかっている

わかっていない

ごまかしている

これらの予測がついた上で授業が行えます

でも、関係性ができていない生徒といきなりオンラインでは
僕の能力では対応不可能です

またどんな勉強でもそうですが
できているかどうかの確認が大事ですよね

この確認が対面に比べて効率が悪く感じられました
やっぱり確認は対面で行いたいです

HaRuNiのオンラインでできないこと

というわけでHaRuNiではオンライン対応しないことを決めてあります

1:小学生の授業

2:週一回のテスト日(中学生)

3:入塾間もない生徒への対応

以上3つのケースへの対応は実際に対面で塾で行っていきます

言い換えるなら

慣れた中学生の授業ならオンラインでもできるよ

こっちの方が本来の塾のイメージに近いかもしれません
オンラインでもできるよって感じです
選択肢の一つにあるとお考え下さい

生徒募集中!

もしこのブログを見て塾に興味が湧いたらぜひお問合せください

正式な開校はまだ先ですが
事前に説明などできることもあります

まずはLINEかお電話を!

これまでの塾はエアコンの効かない塾だったので
今年の夏は業務用エアコンが嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる